タンデムツィーン

img_8125

84年式のKR250の再生をこの前から行っています。左右のエンジンカバーガスケット剥ぎも終わり左右のカバーに付いているオイルシール交換も終わりました。これから新しいガスケットを入れカバーを取り付けます。ご覧のようにエンジンはタンデムツィーン(シリンダー縦置き)です。クランクシャフトが前後2本です。手前に見える丸い部分に扇状のバルブが入っていてクランクシャフトと同時に回転しキャブからのガソリンをクランクシャフトに吹付?ます。この当時は2サイクルエンジンはこのようなロータリーバルブが主力でしたが今では直接キャブからシリンダーへのピストンバルブ主力になりロータリーバルブは姿を消しましたの〜。このKR250は縦置きエンジンといいロータリーバルブといい貴重な車両ですよ。古いので最初に部品が有るかを確かめないと部品は外せないですよ。磨きこみますがそれなりの古さをも出します。今日は時折雨が降り愛車カブ号は工場の中でした。晴れたらKX250Fに乗って見たいのですがまだマグマグデュ〜か?。

この記事にコメントする

カワサキオート酒田
   〒998-0833
   山形県酒田市若原町3-7
   0234-23-4384

カワサキ正規取扱店
カワサキオート酒田
All Rights Reserved.

最近のコメント

SPECIAL SITE

VULCAN Sスペシャルサイト
Ninja 250SLスペシャルサイト
W800スペシャルサイト
Ninja 250スペシャルサイト
Ninja 400スペシャルサイト
ESTRELLAスペシャルサイト
Pick Up
カワサキモータースジャパン公式フェイスブック
Kawasaki_JPNをフォローしましょう
Racing Information
Kawasaki Global Racing Information

Produced by FromONE. Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン