仮説と想像力?

1991年式のGPZ900Rですがエンジンが掛かってない時はクーラント(ラジエーター液)は

漏れてこないのですがエンジンを掛け、止めてしばらく置くと、にじみでるように数滴、下に落ちて

いました。ラジエーターゴムホースも切れてないし、ホースバンドもきちっと止まっているし?

ラジエーターパイプもそんなにサビていないし、2〜3日悩みました。ひょっとしてゴムホースが

入っている部分のパイプのサビでエンジンが掛かると圧力で膨らんでクーラントがにじみ出るの

ではないかと思いパイプのサビを綺麗に落として組み直したら、ドンピシャリ漏れが止まりました

そんなにパイプはサビていなかったので「これくらいなら」が甘い判断でしたの〜もっと早く気付か

ないとダメですよの〜

この記事にコメントする

カワサキオート酒田
   〒998-0833
   山形県酒田市若原町3-7
   0234-23-4384

カワサキ正規取扱店
カワサキオート酒田
All Rights Reserved.

最近のコメント

SPECIAL SITE

VULCAN Sスペシャルサイト
Ninja 250SLスペシャルサイト
W800スペシャルサイト
Ninja 250スペシャルサイト
Ninja 400スペシャルサイト
ESTRELLAスペシャルサイト
Pick Up
カワサキモータースジャパン公式フェイスブック
Kawasaki_JPNをフォローしましょう
Racing Information
Kawasaki Global Racing Information

Produced by FromONE. Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン