初めて見ました



前出のKLX250ですが、クラッチ板を交換してギヤを入れても走り出さなかったので、悩んだ

末たどり着いたのが「ひょっとしたら???」「えぇ〜〜〜」「やっぱり」今まで、こんなのは見た

事がありませんでした。ミッションアウトプットシャフトがフロントスプロケットの厚さで、綺麗に削

られていてシャフトは回っているのにスプロケットに動力が伝わらない状態でした。社外品の

スプロケットに替えたために少しづつ削られてのでは?エンジン、フルオーバーホールです。



今は現在、ピストンまではばらしておりますが、明日は完全にばらし終わるはずですよ・・・・

昼からはポカポカ陽気でしたので、何人かのお客さんがバイクで見えられましたが一時間

走っているのが限界だそうです。まだ、少し早いのでは?

この記事にコメントする

カワサキオート酒田
   〒998-0833
   山形県酒田市若原町3-7
   0234-23-4384

カワサキ正規取扱店
カワサキオート酒田
All Rights Reserved.

最近のコメント

SPECIAL SITE

VULCAN Sスペシャルサイト
Ninja 250SLスペシャルサイト
W800スペシャルサイト
Ninja 250スペシャルサイト
Ninja 400スペシャルサイト
ESTRELLAスペシャルサイト
Pick Up
カワサキモータースジャパン公式フェイスブック
Kawasaki_JPNをフォローしましょう
Racing Information
Kawasaki Global Racing Information

Produced by FromONE. Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン